しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ちゅっ、ちゅっ

昨日はYAで、今日はファーストブック系。
まー、うちのブログの幅ということで^^


内容(「BOOK」データベースより)
きもちのいいあさ。めをさましたとたん、かばのぼうやはいそいであそびにでかけました。とってもだいじなことをわすれたまま…。

文章はマーガレット・ワイルド
絵はブリジット・ストリーブンズ=マルゾー
出版社は主婦の友社です。


えー、まず最初に。
本の後ろには「おとなと読むなら 2才から」とあります。

Amazonのレビューを見ると、1歳未満のお子さんでも気に入っているようなので
ファーストブック系に入れました。
赤ちゃん絵本よりちょっとだけ上の感じかな?と思います。

でもって、この著者のマーガレット・ワイルドですが
なんと『キツネ』の著者なんですよ奥さん!(その昔のテレビ番組・ウィークエンダーのリポーターふうにw)
ギャップがすごくてビックリですわ☆

マーガレット・ワイルドの作品は『キツネ』のあと『ぶたばあちゃん』『さよならをいえるまで』を紹介していまして
実のところ、その延長の感覚がぬぐえなかったため
かなり意外でした。
いや、表紙を見て予想はしていましたが
作風の幅の広さというか、ようするにギャップですね。
こんなカワイイお話を書ける方だったのねー!と。失礼でスミマセン!

表紙そのままの愛らしい内容でして
しかもそれが絵で大増幅!
横向き!おしり!行きあう動物の親子たち!
どれをとってもたまらんでございます。むふー(鼻息荒いw)

ブリジットさんの絵本は他にないのかなー?
と探してみたのですが見つからず…
絵本作品自体がないのか、それとも翻訳されてないだけなのか?
わからないのですが非常に残念★

起きてすぐぴゃっとでかけちゃうカバのキュートさと
出会う動物たちの様子
引きかえすときの絵を見ると
行きと比べたくなりますよね~^^
あ!これはさっきも!と思いながら見比べ見比べ。
オトナのワタシでも楽しいのですから、ちっちゃい子ならもっと楽しいでしょうね~♪

書店で買うのは難しいかな?
残念ですが、図書館で探してみましょうか。
古本でも気にしない!というお宅にならプレゼントしてもいいかも。
ちゅう系、だっこ系の絵本からのラブラブさをたっぷり味わって
ほのぼのしちゃってくださいませです♡





関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://honwagohan.blog19.fc2.com/tb.php/1431-75d36598
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。