しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

アブナイかえりみち

ワタシの知らない世界…w

【送料無料】アブナイかえりみち [ 山本孝 ]

【送料無料】アブナイかえりみち [ 山本孝 ]
価格:1,365円(税込、送料込)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
かえりみちは、キケンがいっぱい。「ほうかごスペシャルたんけんたい」になってたんけんするぞ。ハチャメチャでアツイ、男子絵本。

著者は山本孝さん
出版社はほるぷ出版です。

山本さんが絵を描いてらっしゃる作品は
『雪窓』
を以前紹介しています。


たま~にブログで紹介する「ダンスィー(男子)絵本」。
いやもうなんというか、女系家族で育ったワタシには
わ か ら な い 世 界 で す
でもコレ、ダンスィーには受けるよきっと。
それはわかるw

ピンクがパープルになっておりますが
まんま○レンジャーのメンバー構成でして
でも小学生なので
冒険は学校から帰宅までの帰り道というね★
そして「はい?」と質問したくなるような
ひねりのない妙~なネーミングセンスで闊歩しているの。

オトナの目、ジョシの目からすると
アホか?と。
でもねー
これがダンスィーなんですよホント。
こういうことをやるの!大マジメに!デフォなの!

そしてダンスィーというのは
いくつになってもこういうところがあるので
ジョシはもうこんなんだとある意味諦めて、生温かく見守るしかないんだろうなーと。
更生させようとか思っちゃいけませんよ。
絵本にも出てきますが
ハハに引っぱられても逃げてくる
そして冒険に参加する
それがダンスィーですからw

ダンスィー話ばかりしてもアレですので
絵本についてちと語りますと
学校からの帰り道を
彼らの空想世界の視点で見せてくれています。
なんてことないところでも大・冒・険!にしちゃう男の子目線
面白いやらアホらしいやらw

現実に引き戻されるワンシーンがありますが
ほとんどが仮想世界。
最後に俯瞰場面が現実に戻り
ああ、ここを通ってきたのね~となるわけですが
正直に言うと
ちょっとわかりにくいところあるかも。
母が出てくる場面だけでなく、もうすこし現実の場所とリンクできるような絵があるとよかったかな~。
ちなみに、この母登場のところ、見開きで対比していて
スバラシク面白く笑わせていただきまして。
なので、こういうのがもっと見たい!とも思ったわけなのです♪

冒険すんで、日も暮れて
うちにかえりついてオシマイ…ですが
文章によると、「そして たんけんは あしたへ つづく!」ですから
彼らは翌日になったら、また新たな妄想で帰宅冒険をするんでしょうねw

しょうがないな~と思いつつ
読み終わるとなんだか脱力して
そんなに肩肘はらなくてもいいかも?なーんて思っちゃえる
いい意味でのバカバカしさに満ちた作品でした。

リフレッシュに使えるかもしれません。
使えなかったら?
ダンスィーって、ホントバカだよね~っと
本を閉じちゃいましょう^^
読む前よりはリラックスしているはず、です。









関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://honwagohan.blog19.fc2.com/tb.php/1437-81001c5e
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。