しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

サカサかぞくの「だんなキスがスキなんだ」「だんなしぶいぶしなんだ」

今日は一気に2冊紹介しちゃいます!太っ腹だぜw

   
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
うちゅうじだいのだいかぞく。いなくなったじいじをさがして「よしっいくぞ、かぞくいっしょ」とロケットが、たったいままいたった。しかし、そんなかぞくに、うそお、ききおそう。上から読んでも下から読んでも楽しい、すべて回文でつくった回文絵本第2弾。



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
しぶいぶしのいえに、あやしいにんじゃがあらわれた。しんけんけんしのたいけつ。はたしてどちらが、かつか?上から読んでも下から読んでも楽しい回文絵本第3弾。

著者は宮西達也さん
出版社はほるぷ出版です。

シリーズ1冊目は
「だんながなんだ」
です。

なんで2冊一緒かというと
一番の大きなポイントが回文絵本だからですね~w
あんまりおんなじようなこと何度も書いても仕方ない。
けれどもやっぱり両方とも紹介したい!ということです。
月末になったら「やっぱり別々に紹介したらよかった…」と思うかもしれませんが
そのときはその時ですわww

どうやら
この2冊目から?
絵本ナビの読者さんも回文に参加しているようです。
たしかに回文はいろんな人が作った方が面白い!

2冊目は宇宙で、3冊目は江戸時代と
順番が歴史とは違っていますが、まあ、どっちを先に読んでもそれほど違いはないでしょう^^

家族のメンバーはいっしょです。
原始時代はともかく、宇宙に行くような時代になっても
子ども8人!しかも自己紹介が回文。すごいわねw
まー、毎回最後がキスで〆るくらいラブラブなちちとははですから
子だくさんになるのも当然かも(^m^)

宇宙で怪物に襲われたり
江戸でちちがさらわれたりと
意外な展開がやまもりですが
なぜこんなにイカが好きなのであろうか?
イカって回文にしやすいのかしら。…しやすいかも。「いか」→「かい」だもんねー。
同じ回文も出てきますが
シチュエーションも違うし、なにせこれだけの量の回文ですからね
野暮なツッコミはやめておきましょうか。

どの絵本が好き、というよりも
3冊通して読んで、今日はどの気分かな…
なんて
ニヤニヤするタイプの本かもです。
個人的には宇宙の「だんなキスがすきなんだ」が一番好みかな~♪

ドタバタしながらひたすら回文のシリーズ3冊。
どれを読んでも面白いので
回文や言葉遊びが好きな方は
ぜひご一読して、
ニヤニヤ笑っちゃってくださ~い!





関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://honwagohan.blog19.fc2.com/tb.php/1449-936d32da
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。