しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【映画】ある精肉店のはなし (その1)

映画の日にみた映画紹介でございます。
東中野のポレポレにて上映中。
ポレポレは階段のところにスズキコージさんの絵をかけていて
それがなんか「ぽい」感じがしてとってもよかったです♪


大阪府貝塚市で長きにわたり、家族経営で精肉店をコツコツと営んできた一家の姿を捉え­たドキュメンタリー。自分たちの手で育て上げた牛を家族が協力し、丁寧に処理して店頭­に並べるという作業をこなす彼らの真面目な仕事ぶりを映し出す。監督を務めるのは、『­祝(ほうり)の島』が反響を呼んだ纐纈あや。被差別部落出身者として理不尽な差別を受­けながらも、牛の命と正面から向き合ってきた家族の姿が感動を呼ぶ。
製作: やしほ映画社
製作: ポレポレタイムス社
http://www.cinematoday.jp/movie/T0018477
http://www.seinikuten-eiga.com/
映画『ある精肉店のはなし』より

(映画を先に観てからこの動画を見たんですが、
全面的なBGMが印象をドラマっぽくしちゃってますね。
実際は、もっとドキュメンタリータッチというか、日常のていねいなインタビューの積み重ねです)


やっと観られた!というのが実感です。
うれしさのあまり2回続けて観ちゃいましたよf(^-^;
だってポレポレさんったら太っ腹で
「引き続きご覧いただけます」ってアナウンスを流してくださるから!
3回上映の2回目からでよかった。
初回から映画館にいたら
ワタシ絶対に1日中この映画観てたわ、きっと★

ワイズマンの『肉』とか
『いのちの食べかた』(映画のほう)とかも観ましたけど
屠畜の場面はこの映画がいちばん丁寧に撮影されていました。

すべての工程を一家族4人でこなすという
小規模な家庭内のお仕事の様子は
これからはもう見られない時代になっていくでしょうから
これは貴重な映像です。
先年すでに
この小じんまりした屠場は閉鎖になっています。
そして、この屠場での最後の屠畜が
この映画のクライマックスといえる場面なのです。

屠畜のシーンは作中で2回あります。
どちらも
無駄な動きがないすばらしい作業。
協力体制や役割分担がしっかりできている熟練の技です。
長年このお仕事をなさっているからこそなのでしょう。
(この場面をしっかり観たくて続けて観たのです。
DVDになったら欲しい、マジで!これは手元に置いておきたいです)

スジ肉やモツをつかって
煮凝りを作ったり
油かすを作っている場面もあって
これがもう美味しそうでして!
食べてみたい~~~!っと
スクリーンに食いつき!でしたw
ワタシいやしんぼでしてねえ。ほほ。

もっというと
調理したものだけじゃなくて
お肉も美味しそう…というか
どんな味なのか味見したかったです。
これ、「ブタとおっちゃん」のときも思ったなあ。
丁寧に飼育して、ていねいに処理をした肉がまずかろうはずはない!ですからね。

肉の処理(という言葉でいいのだろうか…あんまりウツクシクない言葉遣いですな★
屠畜の後、枝肉にするまでの加工のことを言いたいのです)につきましては
映画を観るのにプラスして、パンフレットを読むのがおススメです。
ワタシ、ほとんどの映画ではパンフレット買わないのですが
今回は買いました。
そして思い出しながら何度も読んでます。

まあ、ブログを書くからというのもあるのですが
画面で見逃しちゃいそうなところもしっかり描いてくださっているので
予習・復習wに使いやすいのですよ。
映画館で2回観たのになんで休憩時間にチェックしなかったの自分!
いいタイミングで読むのを逃しちゃったなー。
DVDのときにはぜひ!

先走ったことを考えてみたり。

話戻して。
映画で牛を育てているところが観られなかったのは残念ですが
おそらくは屠場の閉鎖が決まり、牛を育てなくなってから
映画の企画が決まったのでしょうから
やむないことかもしれません。

でも
最初の牛をひいて連れていく場面で
「肉牛、ごつい!」とかなり驚いたワタシとしては
育てていくところも観たかったなー
などと贅沢なことを考えてしまったのでした。
(いやあのね、牛って霜降り肉っていうしさ、もっともっちりしたラインだと思ってたんですわ。
そしたらすっごい筋肉質でムキムキ!って輪郭でビックリしたですよ★
あのゴツくて大きな牛をじょうずに誘導して連れていくってすごいよなー…)

さて。
以下の部分は
映画について事前にちょっとググったときに見つけちゃった一部記事を読んでの感想です。
かなり辛口なので反転で。
「動物はあなたのごはんじゃない」というTwitterのネタではないけれど
この映画の屠畜場面、もしくは屠畜全般に関して
「残酷だ」「かわいそう」という意見に対しては
ワタシは賛成できないのですよね。

命をいただかなければ生きられないのは
すべての生き物に共通のこと。
ワタシたちがいただいているのは動物であれ植物であれ
命にかわりはないと思うですよ。
残酷だのかわいそうだのという人は
魚も卵も食べてないのかしら。野菜だって生きてる植物ですよ?

アメリカの人が鯨がどうのこうの言うみたいですけど
アメリカ在住の何代か前のご先祖さん
バッファローおいしいからって舌だけとって絶滅させたんじゃなかった?
残すところほとんどなしでまるっと鯨を使いつくしていた日本人と一緒にしないでいただきたいですわ。


まだまだ書きたいことはあるのですが
あれもこれもといっしょくたにするのもナニかなーと思いますので
切り口を変えて仕切り直します。

次の記事では別の側面の話を書きたいと思いますので
もう少々おつきあいくださいませー。









関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://honwagohan.blog19.fc2.com/tb.php/1485-4df231aa
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。