しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ノアの箱舟 (アーサー・ガイサート)

絵本の紹介、久しぶりかも?


内容(「BOOK」データベースより)
朝も、昼も、夜も、くる日も、くる日も、降りつづく雨…。箱舟に乗りこんだ人間と動物とのハーモニーを精緻なエッチングで描きだす。

著者はアーサー・ガイサート
出版社はこぐま社です。

ガイサート作品は「ミステリー おいしい博物館盗難事件」
ノアの箱舟はリスベート・ツヴェルガー作品を過去記事で紹介しています。


ノアの箱舟、ご存知の方が多い聖書の物語です。
でもって
絵本もいっぱい出ています。

その中で
絵柄的には地味な方でしょう。
エッチングですから2色ですね。
白ではなくアイボリーなので少し柔らかな色合いで
月の色が大変美しく出ています。

でも
ワタシが「おお!」となったのは
失礼ながら絵柄よりも文章というか、内容のほうでした。

ノアが箱舟を作り
大雨が降り
雨がやみ、上陸する
その間がちゃんと書かれているのです。
ネタバレしますと
食事と排泄です。

食事はまあ、多少ぼかしているのですが
(なので肉食獣のお食事ってどうだったのかしら?というのは
いまだに謎だったりしますが)
排泄に関して書いていただけているのは
どうなの?って気になってる部分
とってもスッキリ!なのでした。

だって
聖書だし
絵本だし
リアリティを求めていいのか
ツッコんでいいのか…とね
迷うわけですよ。

そこをサクッと書いてくださって
ガイサートさん、ありがとうございます!

短くてシンプルではありますが
「動物に 水と 食べ物を あたえる仕事は たえまなく つづく。」
「だれもかれも 箱舟を 清潔にしておこうと けんめいに 働いた。」
「ノアの一家は 食事のときしか 休むひまも なかった。」

などのオリジナルの文章によって
箱舟のなかの生活がどれほど生き生きと感じられることか!

緻密な絵もさることながら
この文章とのマッチングがすばらしく
絵本全体の印象がグッと強くなりました。

ガイサートさんは
この作品の続きにあたる「洪水のあとで」という作品も出していらっしゃるよう。
未読ですので近日中に読んでご紹介したいと思っています!










関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://honwagohan.blog19.fc2.com/tb.php/1489-e73dcb8f
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。