しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ちいさいケーブルカーのメ―ベル

今日は、上質の絵本が読みたいなーと思ったときに
パッと浮かぶ絵本作家さんの作品を。


商品の説明
「 いたずらきかんしゃ ちゅうちゅう 」 「 ちいさなおうち 」 「 せいめいのれきし 」の バージニア・リー・バートン の作品です。 丁寧に史実に基づいて書かれたお話は社会的資料として価値のあるもので、バージニア・リー・バートンのその努力に敬意を払わずにいられません。

著者はもう説明に書いてありますね。
出版社はペンギン社です。

バートン作品は
「ちいさいおうち」
「はたらきもののじょせつしゃけいてぃー」
「せいめいのれきし」

過去記事で紹介しています。

今年の大雪のとき、Twitterのフォローさんが「けいてぃー」の話をしていて
リプとかはしませんでしたがとっても同感でした。
けいてぃーがいたら、どんな道路だって通行止めになりっぱなしなんてこと、ないのにー、のにー、のにー…。

バートンさんは、「ちいさい」すがたに愛着があるのでしょうか。
おうちもきかんしゃも、このケーブルカーも
小型というか、小ぶりですよね。
でもって、小さいけれど自分の務めを大事にしている
はたらきものなところがとってもステキです^^

この「メ―ベル」ももちろんとってもはたらきものですよ。
坂道を毎日上ったり下ったりしながらお客を運んでいます。
かなり急な坂のようですが
ズルっとすべったりしない、そのわけは?
物語の冒頭で絵とともに説明していますが
これがめっぽうわかりやすい!です。
絵の協調性を生かしつつ、順を追って教えてくれるので
子どもでも(そして仕組みを理解しにくいワタシのような大人でも)
ふむふむ、なるほどー
とうなずけるのです。

見開きページの絵の配置も楽しいです。
「けいてぃー」もそうですが、バートンさんの絵の配置って
とっても装飾的。
ただ並べるだけでは読みにくくなる絵を
くるくると植物のつるのような線をつかって誘導しています。
カーブや曲線の美しいこと!

この線も矢印を使って示したい場所を強調したり
ケーブルカーの行き先をさりげなく書きこんだりと
大人が見ると「おおっ!」と感激する工夫がいっぱい。
子どもはきっと「わー、楽しい♪」と順番を追うことでしょう。
この配置の妙に影響を受けて誌面構成を考えた方
きっとたくさんいらっしゃるんじゃないかなー。
バランスが難しそうですが、チャレンジしたくなりそうなアピール力ですからね。

史実に詳しい方
もっと知りたいと思う方は資料を探して読めるように
少し手がかりを残しつつ
物語の本筋以外の部分は上手にぼかしてあったりして
ストーリーもメリハリがきいています。
ひとりで文も絵も素晴らしいなんて!
現代日本なら漫画家ですか?
という感想はアリかどうかはさておいてw

小さい身体でせっせと働くようすって
なんともけなげで愛らしいです。
メ―ベルがおおきなバスに意地悪を言われ
悲しくなりながらもその日の仕事をしている様子なんてもう
グッときますよ。

そして
ケーブルカーの廃止に反対する
市民の活動が展開される数見開きも
感動的でありつつ
こうやって絵で違いを見せるんだー!と。
共通するところ
違うところ
上手にとり混ぜていて
見ごたえあります。

全体を通して
上品で、やや控えめな印象ではありますが
かなりの匠の技。
読めば読むほど
すご腕の職人の作った絵本!て感じですねえ~~~。
さりげないところがまたシブいのです☆

褒め方がどんどん理屈っぽくなってしまいますが
絵本自体はフツーにストーリー絵本です。しかも面白い!
小学校…うーん、2年生くらいからかな?
1年生では厳しい子が多そうですが
文章に漢字はありませんから
語彙の補足をしてもらいながらゆっくりとひとり読みするのも楽しそう。

色的には明るいイエローで春先を思わせる
楽しく気持ちよい絵本でした。
書店での購入はできないようで残念ですが
図書館で、もしくは古本購入で
お手に取っていただければと思います。


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://honwagohan.blog19.fc2.com/tb.php/1501-7ee93b26
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。