しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

くしカツさんちはまんいんです

大阪っぽい絵本
しかも美味しそう!
大阪スキーで食べものスキーなので
好み直撃!でしたw


内容(「BOOK」データベースより)
くしカツさんのくしには、なぜかいっしょにネギやらみたらしだんごやらきりたんぽなべのたんぽやら…。「きみら、はよじぶんのくしさがしや。きゅうくつでたまらん」4~5歳から。

著者は岡田よしたかさん
出版社はPHP研究所です。


岡田さんの作品は
「うどんのうーやん」
を過去記事で紹介しています。


岡田さんの絵本を読むたび
あー関西テイストいいなー、好きだわー
と思いますw
食材とか言葉とか
なによりゆるっとした雰囲気なのに
ところどころにツッコミがピャッと入るところが
たまりませんw

この本に関してだと
表紙はともかく
裏表紙でまず軽くジャブな笑いが入ります。
なんでまた
みんな布団で寝てるの?
どれがどれだかビミョウにわかりにくいうえ、布団の柄もよくわからない。いったいどんな関連が?
この妙にとぼけた不明感が岡田さんっぽいなーと思いますw

たぶん本人は大まじめ…なわけではなく
面白いと思うものをすなおーに描いていらっしゃるのでしょうねー^^

中を開いてみると
いきなりいろんなものが串に刺さっております。
横たわる串カツは
カツというより海老フライか白身魚のフライかという趣。
いや別によろしゅうございますがw
たんぽさんも以下同w
てっぺんのみたらしくんは美味しそうだけど
ほかの具とは味が合わないよね★
だから「べたべたする」ってみんなに言われ続けちゃうんだとは思うんですけど
ちょっとかわいそうかも。おいしいのにねえ、みたらし団子♪


なんでそんなに満員になったのか
そのままじゃ困るよね、どうなるのかな?
っていうストーリー展開なんですが
これがまた脱力感満載でタノシイのです^^

この絵本は
音読のがゼッタイに面白い!
できれば関西のアクセントの男性に読んでいただくのがベスト。
岡田さんの朗読とか
どっかで聞くチャンスあったらいいのにー!

そうはいっても
関西アクセントの方がいない場合は
ウソ関西弁でもけっこう楽しめますので
あまりお気になさらず
とりあえず読んでみるのがよろしいかと。

以上
串カツうまいよね
ってお話でした(←違★)w


















関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://honwagohan.blog19.fc2.com/tb.php/1519-e69bd6ca
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。