しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【映画】ウォルト・ディズニーの約束 その2・役者感想などなど編

ハイ、前記事の続きになります。
メアリー・ポピンズ秘話の映画『ウォルト・ディズニーの約束』感想記事
その1を未読の方はこちらからどうぞ♪

プロット
トラバースを中心とした物語であり、1907年に彼女がオーストラリアのクイーンズランド州で過ごした幼少時代と、1961年にウォルト・ディズニーと『メリー・ポピンズ』の映画化の交渉をする過程が描かれる。トラバースはミスター・バンクスの基となった父親と過ごしたオーストラリアでの子供時代を思い出す。

監督
ジョン・リー・ハンコック
出演者
エマ・トンプソン
トム・ハンクス
ポール・ジアマッティ
ジェイソン・シュワルツマン
ブラッドリー・ウィットフォード
コリン・ファレル
(以上、ウィキペディア『ウォルト・ディズニーの約束』よりコピペ)

You tubeには特別動画も上がっていますね。

うん、音楽はステキですよ。
メアリー・ポピンズと思わなければ、もっと素直に楽しめたはず…★
(まだ言うか…)

いやでもこの映画は、キャスティングがホントによかったと思う。
みなさんいい味を出していたので
だれの話を書いてもきっとネタには困らない^^

主役ですからトラヴァース夫人を演じたエマ・トンプソンからいきましょうかー♪
トラヴァース夫人がこの『ウォルト・ディズニーの約束』を観たら…
うん、きっと怒ると思いますけどw
でも彼女がトラヴァース夫人を演じたことには
文句をつけないんじゃないかしらん。
(メアリー・ポピンズみたいに鼻はならすかもしれませんけどね^^)

実物より若く美人ですし(←こんなん書いてたらワタシのがトラヴァース夫人に怒られそうw)
たぶん実際のトラヴァース夫人よりも繊細な雰囲気を前面に押し出しているのでは?
全体を通しての
追い詰められ感がにじみ出ているところと
どんなに強がっていても泣きそうな気持ちが常に裏に潜んでいるところが
哀愁を誘い、スクリーン越しに慰めたくなってしまいます。
実際のトラヴァース夫人はきっともっとタフで同情不用なたくましい女性でしょうから
リアルのイメージとは違うけど、
映画のイメージとはあってますよね。
怒りと悲しみのバランスがとっても良かったです。

紅茶を飲む場面で、常に「ミルクを先に入れて」あたりは
ホントにあんなふうに言ってたんだろうなーとニヤニヤしますし
「録音してるわね?」のくだりはエンドロールで実際の音声を聞いて
そのままなので「わお!」と感激しきりでした^^


ホントは次にディズニー役のトム・ハンクスを語るべきなんだと思いますが
この方については、上に貼った動画でも語られていますし
他の方がやるともっとえぐくなるところを
貫禄ありつつサッパリ魅せてくださったのが大功績!ということで
あまりくだくだしく語る必要もないかと。
実際、このビミョウな役柄のバランスをとれる方って意外と少なそうに思うのです。
そう感じるの、ワタシだけかしらん?


でねでね
観てて「好きだーッ!」と思ったのが
運転手・ラルフ役のポール・ジアマッティ
役柄もいいけど、雰囲気がいいんですわ~
ホワンとしてていつもにこやかで。
ハイ、好みのタイプですw
トラヴァース夫人の悲しさをなぐさめてくれたのが彼でして
プレミア上映のときもナイトのようにさっそうと出迎えに現れるという
大変オイシイ役どころ。

でもハンサムじゃなくて
髪の毛も…だったりw
(実はそこもめっちゃツボ♡)
そんな彼が
トラヴァース夫人の辛辣さを飄々と受け流すところ
彼女が失意に陥っているとき、彼女のそばにそっと行き
おしつけがましくない慰めを
さりげなく語るところ
などがね
泣いてる子どもにそっとハンカチを差し出しているのにも似て
紳士なのねえ、と
うっとりしちゃいます。

こんな男性、リアルにいたら
惚れてまうやろー!ですねw
というか、かなり地味にモテていることでしょう。うん♪
この人が他の映画で
どんなふうに役柄を演じているのか
他の出演映画も観てみたいです。
(ところで、彼が映画の中で語る
「娘が車いすだから、天気の日は外に出られるけど
雨の日は外出できない。だから自分は天気が気になり、晴れだといいなと思う」
というエピソードって、どこかで聞いた気がするんですよねー。
元ネタがあるのかしらん…?)


さらに男性キャラが続きます。
個人的好みとは別にして
評価が高いし、たしかに役柄がハマっているなーと思ったのは
トラファース夫人のパパ、トラヴァース・ゴフ役のコリン・ファレル
夢見がちなダメ男(でもハンサム♡)の役柄。
演じているんじゃなく、こんな人なんじゃね?って思わせられます。
ある意味かわいそうなくらいピッタリでしたw

これからどんな役を演じる予定があるのかわかりませんが
別の映画で彼がスクリーンに出てきて
ちょっとアレ?って思っただけで
「あのダメ男の役はよかったのにねえ…」と考えてしまいそうな
自分を戒めなくてはww


奥さんのマーガレット・ゴフ役のルース・ウィルソンもいいカンジ。
旦那がダメンズ、いやでも応でもしっかりしなくちゃ、な女性ですからね。
一緒によよと泣き崩れるだけではいけない
がしかし、かわいげは必要。
どんな無理ゲーじゃ!と思いますが
女優さんって、ちゃんと演じてのけちゃうんですねえ☆


出番が多くてかわいくて演技上手な幼少時のトラヴァース夫人・ギンティを演じた
アニー・ローズ・バックリーちゃんもかわいかったなー。
これくらいの年齢の子役さんって、演技も上手な子が多いですね。
探すのは大変だったかもしれませんが
かしこいけれど、けなげだけれど、
でも事情がちゃんとわかっているわけじゃない…という
微妙な役柄を演じきっています。スクリーンでとっても光ってました♪



主要な役者さんについてつらつらと思うところを書きだしました。
書いていない他の方たちの演技もよかったですよ~。
ディズニースタジオの面々が音楽を作り上げる場面は
ホントにこんな感じだったんだろうなーと
リアリティたっぷり。

おっと、忘れちゃいけない。
背景もよかったです。
ディズニーがディズニースタジオを撮影しているんですから
当然手抜きナシ!ですし
過去の回想シーンも
建物、風景、服など
とっても素晴らしくって、見ごたえたっぷりの
大満足でございました♡

ディズニーが作った、ディズニー映画らしからぬ?ディズニー映画
メアリー・ポピンズの映画がアレで…とか言っておきながら
なんだかんだと、たっぷり堪能いたしましたですw
映画ファンも原作ファンも
双方ソンはしなかったよねー、っていう出来栄えだと思いますー^^
気になる方はぜひどうぞ!



でもって、最後にチラ裏話をば。
ディズニーについてですが
絵本作家のビル・ピートさんは
ディズニーで長く働いていらっしゃいました。
そのときの様子を
『ぼくが絵本作家になったわけ』という本で読むことができます。
(↑の文章はワタシのブログの過去記事にリンクしています。記事で本の簡単な情報や表紙も確認できます♪)
気になった方はこちらも合わせてどうぞです~♡

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://honwagohan.blog19.fc2.com/tb.php/1520-96a5c97f
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。