しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ピッキーとポッキー

大人絵本会のお題本ですよ~♪


内容紹介
うさぎのピッキーとポッキーは、もぐらのふうちゃんといっしょにお花見に出かけました。お弁当はすみれのサンドイッチ、木の実のジュース……。とても愉快なおはなし絵本です。
読んであげるなら:2才から

文章はあらしやまこうざぶろう(嵐山光三郎)さん
絵はあんざいみずまる(安西水丸)さん
出版社は福音館書店です。

安西水丸さんの作品は
『がたんごとんがたんごとん』
『がたんごとんがたんごとんざぶんざぶん』
を過去記事で紹介しています。

安西水丸さんの追悼でなにか1作書こうと思いつつ放置していましたら
大人絵本会のお題になりましたので
紹介したいなと、時間ギリギリで粘っていますw

シリーズの本が3冊も出てるのに、1冊も知りませんでしたー★
ていうか、嵐山さんが文章て!

まずフレッシュに驚いています。
ペーパーバック絵本で出版されたのが1976年なのか、なるほどねー。

んーとんーと
かわいいのですが
ピッキーもポッキーも
うさぎっぽくない
とか
ふうちゃんももぐらっぽくない
とか
いきなり絵にツッコんでもよろしいものでしょうか…。
ニ度言いますが、かわいいんですけどね?

でもって
表紙を見た時は
ぐりとぐらっぽいのかな
と思っていましたら
男の子と女の子なんだー

なぜかニ度ビックリ。
さて
このふたり、子どもが見て
そっくりさんなのか、違うように見えるのか?
気になります。
が、まあ、読んでる子はそんなことあんまり気にしないでしょうねw
自分の子どものころを思い出すとぐりとぐらがどう違うか、なんて考えたこともなかったわー。
単に大雑把なだけ?www

最初に出てくる
「はなのむら」の地図がとってもキュート!
この村にいってお散歩してみたーい!って思います。
(後の場面の伏線にもなっています^^)
なにしろシリーズどころかこの絵本の存在を知らなかったのですが
この地図に出てくる場所や人をチェックしておくと
シリーズの他の本でも「あっ」と気づきそう。

うさぎっぽいお弁当に
もぐらっぽくないお弁当w
出かける先の風景はひたすらカラフルで春色で
たしかに読むなら4月がイチバン!な絵本でした。

シリーズの他の本はどんなふうなのか?
気になってきたので今度読まなくっちゃです。
季節物の絵本のようですから
シーズンに合わせて
紹介していきたいと思いますー♪









関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://honwagohan.blog19.fc2.com/tb.php/1540-5bd5a0e8
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。