しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

あかりをけして

寝る前の本…というよりも
むしろ寝ないための本なのかもw


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ママとパパはきっぱり言う。「8時になったら、あかりをけして」真っ暗な部屋ではこわくて眠れないのに。ちいさなコブタは工夫した。スイッチをいれてからあかりがきえるまでに、わざとうんと時間がかかるように。-はさみ、ほうき、三輪車、ボウリングの玉、野球のバット、じしゃくなどなどが、ひとつながりのからくり仕掛けになった。なにかの動きが、次のスイッチになり、次々に連鎖する、こういうのを「ルーブ・ゴールドバーグ・マシン」というそうだ。天才コブタのからくりは、みごとに成功するだろうか。

著者はアーサー・ガイサート
出版社はBL出版です。

ガイサート作品は
『ミステリーおいしい博物館盗難事件』
『ノアの箱舟』
『洪水のあとで』
『銅版画家の仕事場』
を過去記事で紹介しています。



いやー★
今まで紹介したガイサート作品とはけっこう趣が違っていて
一大ピタゴラスイッチな作品でしたw
(個人的にはこの一言でもう紹介終わってもいいんじゃね?ってくらいな気分になっています^^)

本を読んだ後、あらためて表紙を見ると…
笑えます。ニヤニヤです。腰に手!仁王立ち!
この意気込んじゃう気持ち、よーくわかります。素晴らしゅうございます。ほほほ。

あかりを消すのがいやだからといって
これだけのしかけを繰り出すセンスと実行力。
うーん、すごい。
しかも!
このしかけって、失敗したらあかりは消えないわけで。
あかるいままだけど、努力はしたんだもん。ただ失敗しちゃったんだもん!という
どっちに転んでも困らないダブルバインドになっております。

ズルイ?
いえいえ、これだけ手間ヒマ&時間をかけていますから
それくらいの役得がないとねー。
ピタゴラスイッチを見ていても思うのですが
この何分のためにどれだけの時間を費やすものでしょうか?

なんでもそういうところはありますよね。
時間をかけて育て、収穫して食べるのはあっという間とか
時間をかけて調理して、食べるご飯もおやつもあっという間になくなるとか。
食べもののたとえしか出てこないのは小腹がすいているからですごめんなさいw

実行力もスゴイですが
しかけの設計図が部屋に貼っていましてね。
考えてる間もしかけを作っている間もさぞや楽しかったろうなー
と思いますよ。
読者は、絵本の中で何度かあらわれる時計の文字盤のチェック、必須です。
どれくらいの時間が稼げたのか?
しかけと合わせて楽しめます。

この作品
アニメになったりしないかなー。もちろん実写とかクレイアニメでもオッケー。
実際に作動しているところ、動画的なもので見てみたい!です。
なにしろこれだけ大掛かりだと
作りたいからといっておいそれと作れるものではありませんからね。

屋根裏から外から地下室まで(!)
フルに使いまくっても見て見ぬふりをしているパパママ含めて
いろんな意味で「太っ腹」というのがピッタリくる作品でした。
しかけモノが好きな方なら、きっとワタシよりはるかにハマるんじゃないかなーと思います。
ピタゴラファンの方でこの絵本は未読というかた、ぜひどうぞ。
強くおススメいたしますです^^

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://honwagohan.blog19.fc2.com/tb.php/1543-9e7773d9
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。