しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

はたらくのりものえほん

これもファーストブックかしかけ絵本かで迷いましたw



内容紹介
登場するのは、子どもたちに大人気のはしご車、ブルドーザー、クレーン車など「はたらくのりもの」計8車。しかけをめくると、はたらくのりものたちが、パワフルに動き出します。迫力ある車たちの活躍する姿を、大胆かつ繊細に描きます。また、色あざやかな絵も、本書の魅力のひとつ。子どもたちの目をひくように、細部までこだわっています。ページをめくると、本当にのりものが動き出すような躍動感のある、楽しいしかけえほん。

著者はいしかわこうじさん
出版社は童心社です。

石川さんの作品は
『おめんです』


いしかわさんのしかけ絵本は
シンプルだけど楽しいんですよね。

折り返しをぴらっとめくるだけですし
突飛な展開なわけでもなくて
車の種類によって、横に開いたり縦に開いたりするのですが
それでも
実際のクルマを思い出し
にこにこと読んでしまいます。

折り返しのページ
スミの部分が丸くなるようにカットしていて
小さいところですが
この細やかな手間でぐっと絵本が長持ちしそう。
ページの角が折れちゃったりすると
本がクタッとした感じになって淋しいですもんね。
気を使って作っていらっしゃるなーと感じました。

小さいところといえば
左ページには車の種類をシンプルに書いてあるのですが
ページが進むにつれて
紹介された車がミニサイズでどんどん増えていきます。
この絵がまたシールっぽくていいなあ。
車の種類を覚えたら、この小さい絵を指さして「○○!」って
延々と言ってたりするんだろうなあ^^

そして最後のページには
登場した車が全部1見開きに。
なるほど、工事現場とそこを通りかかった車という設定ですか。
うーん
先ほどの小さいサイズのクルマたちといい
指さし確認心が刺激されますw

いしかわさんののりものしかけ絵本は
この本を含め3冊がシリーズになっているようです。
他の本もどんなふうか、気になってきましたよ。

ということで、そのうちまた紹介するかも?です~♪

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://honwagohan.blog19.fc2.com/tb.php/1572-58302cf3
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。