しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【行ってきました】イルフ童画館・そのいち

先週の土曜日、14日ですが
Twitterの大人絵本会のメンバーが集まる、ということで
茅野にオフ会に行ってきました。
(ワタシ、実は今年は夏バテがきつく、体調イマイチなのですが、
茅野なら涼しいはず!大丈夫なはず!と参加を決めました。正解でした^^)

お昼過ぎに茅野に到着♪
お久しぶりな方々と合流した後、まずはランチへ連れて行っていただきます。
いかに美味しくボリュームがあったか、写真をご覧ください♡
(ちなみにこれ、出てきた品の半分くらいですーw)

1403091545733.jpg

1403091497218.jpg

1403091481547.jpg

最後のデザートは…別腹ができない体質のため、半分ほど残して持ち帰りにさせていただきました。
ええ、しっかり持って帰って食べましたよ。素晴らしく美味しかったからね!
上の写真のガレットも、中の写真のキッシュももちろん美味しゅうございました^^

お腹の皮が伸びるくらい食べ、かつ喋りながら大笑いした後は
『イルフ童画館』へ!

常設展示が武井武雄作品と、モーリス・センダック作品
企画展は酒井駒子展!
豪華なラインナップでございます。

この14日という日はですね、
酒井駒子さんの原画展にぎりぎり滑り込めるタイミング!
しかも
センダックの常設原画展も『作品保護のための一時展示休止』直前に滑り込み!
つまり
全部見られたのです♪うっふっふっふっふ!
ホントにいいタイミングでした。
主催のツイ友さんに大感謝!です♪
読んでくださってるかな?
ご一緒できた皆様にお会いできて嬉しかったです。
ホントにありがとでーす!!



さて、話戻ってイルフ童画館。
順番からいくと常設展の武井さんなんですが
この方の事はあとでみっちり書きたいのでw
まずは酒井駒子さんの感想から。

今回の展示では『よるくま』『赤い蝋燭と人魚』『ビロードのうさぎ』などなど
多数の作品の原画が拝見できました。
この方の絵は夜と霧が似合うなあ…。
よるくまの絵がイチバンはっきりした色合いですが
他の絵はそれにすこうし薄い霧がかかったような雰囲気。
ずっと見ているうちに、こちらの肌にも霧がかかって、ちょっとしっとりするような?

『赤い蝋燭と人魚』がとくにそんな感じで
この原画を見ていて
酒井さんが『人魚姫』の絵を描いたらどんなふうかしら?と。
あのアンデルセンのさみしい感じが似合うような気がするんですよねー。
可愛らしいけれど少し幼くて憂いを含んだ人魚姫…
見てみたいですー!!
どこかの出版社さんで企画ができたらいいのにー!


興奮しつつ、次のセンダック原画コーナーへ。

いやー
素晴らしいですね!
水彩画の透明感がすごくって
ほへー☆とまじまじ見つめるしかできません。
なによりもすごいのがマックスの毛皮の白の雄弁さ
どの絵でも
その時間帯の空気の色合いを含んでいるのですよ。
夕暮れはほんのりうっすり「だよね?」ってくらい少ーしだけオレンジがかり
薄曇りは、おそらくはブルーグレーがわかるかわからないかの分量で溶け込んでいて
そうそう、こんなふうに見えるよねーって。

こんな繊細な感覚を持っていらっしゃる方が…

晩年のカミングアウトを思い出したり。
それまで言いだせなかったことで、
抱え込んだ気持ちや言葉もたくさんあったのではないかしら。
外にあらわしたことで、それが軽くなっていらしたらいいのですが…と
ご冥福を祈りつつ
賞賛と感謝を。

そして
いよいよ武井さんの展示です…が。
山盛り書きたいので
次の記事でゆっくり!たっぷり!
語らせてくださいませm(_ _)m

ということで
続きますw


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

-3 Comments

しろいまちこ says..."No Subject"
ゆめのゆきさま

コメントありがとうございます。
そうなんです、カミングアウトの件を知ったのは
たしかTwitterの大人絵本会のお題本でセンダックが上がったときだったと思います。
え~!?って驚きましたけど、大変だったろうなーって気持ちのほうが強かったですね。

ワタシ、酒井さんはRDGとかクロニクル千古の闇なんかの
ファンタジー系の表紙が好きです^^

「やっぱりおおかみ」と「まよなかのだいどころ」の共通点は気づきませんでした。
今度見比べてみますね~♡
2014.06.20 19:51 | URL | #hufKyueo [edit]
ゆめのゆき says..."No Subject"
あ、これでしょうか?
http://gladxx.jp/news/2012/05/2343.html

昨日、ちょうどこのサイト見てたところでした!
マシュー・ボーンの「スワンレイク」を調べていて。
私、ゲイのとっても仲良しさんが居たんですよ(ん?過去形?)。あと仕事上ではたくさんいらっしゃいましたけれども。
センダックもそうだったんですね〜〜
2014.06.19 22:50 | URL | #- [edit]
ゆめのゆき says..."No Subject"
うわー!なんという素敵なラインナップ!全部すきな作家さんです!
酒井さんの絵本は結構持ってます♪原画展もみてます。「赤い蠟燭と人魚」の表紙は秀逸ですよね〜〜!「よるくま」も大好き!
もちろん武井武雄さんの絵は、子供の頃ものすごく印象的で。。怖いのに目をそらせない、みたいな。。大人になってから何冊か絵本を買いました。いいな〜〜!
センダックのカミングアウト、気になります〜!もうこの世にいらっしゃらないんですね〜〜
そういえば、先日図書室の整理をしていて発見したことが。。佐々木マキの「やっぱりおおかみ」の装丁ってセンダックの「まよなかのだいどころ」そっくりなんです!色といい額縁のようなデザイン。。きっとファンなんでしょうね〜
では、続きを楽しみにしています!
2014.06.19 22:40 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://honwagohan.blog19.fc2.com/tb.php/1577-55f03f78
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。