しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

楽園の避暑客(『恋人たちのいる風景』収録作品)

夏がきたなーって思ったので
大好きな夏のバカンス作品をご紹介します。


内容紹介
O・ヘンリー没後100年に常盤新平の名訳で!
古典の名作、「賢者の贈り物」、
本邦初訳の「牧場のマダム・ボーピープ」などの珠玉の7篇

O・ヘンリーというアメリカの作家を知ったのは、私が高校二年の三学期でした。
英語の教科書に「賢者の贈り物」が載っていたのです。
のちに私が翻訳を職業に選んだのも、O・ヘンリーのおかげです。
私は長いこと翻訳の仕事をしてきましたが、
最後に行きついたのがO・ヘンリーであったことは幸運なことでした。
――常盤新平(「訳者あとがき」より)
<目次>
奇跡のブレンド酒
春のア・ラ・カルト
忙しい株式仲介人の恋
緑の扉
楽園の避暑客
牧場のマダム・ボーピープ
賢者の贈り物

著者はO.ヘンリー
出版社は洋泉社です。

この『楽園の避暑客』は人気がある作品なので、他にも何冊かで読むことができます。
タイトルは『桃源郷の避暑客』と訳されていることが多いかも?

O.ヘンリーはブログ内にカテゴリを作りました。
伝記含めて紹介作品は、サイドバーのカテゴリからご覧いただけます♪



常盤さんの翻訳、というよりもセレクトにウキウキして読もうと思ったこの本。
O.ヘンリーでラブロマンスだけ収録、というのは意外と少ないんじゃないかしらん。
1冊でバラエティ豊かに読める、というのがウリのセレクトが多いような気がします。

その点この本は全部がラブロマンス、しかもハッピーエンドばっかりなので
甘いお菓子とお茶など用意して読みたいようなゆるやかさがあります。
個人的にはジミー・ヴァレンタインの話も入っていたらよかったんですが
あれはロマンスがメインではないからなー。でもかっこいいのよジミー♡ 

いやそうではなくて今日は『避暑客』の紹介でしたねw

夏の喧騒を避けて、ホテルに長期滞在する…
ロマンティックで優雅でいい過ごし方ですよね。
でも
作品を読み進めるうちに、「え?」という告白が…★

でね
告白後にもうひとつヒネリがあって
そうきたか!なハッピーエンドなんですが
オチを知ってから読みなおすとですね
豪華で優雅なホテルライフの味わいがまた違ってきたりするのが素晴らしい。
隠し味を知ったことでさらに深く味わえるようになるわけですね。

未読の方がネタバレ読むとがっかりするかもなので、以下反転で。

たぶんね
このホテルって、ホントの高級ホテルってわけじゃないと思う。
場所が少し奥まっていて
落ち着いて過ごせるけれど、部屋はそんなに広くないとか
差し引きするところがあって、それがリーズナブルなお値段のもとになってるんじゃないかな。
お客さんも、主人公みたいに上流ふうに見せたい普通の人たちで
いつもと違う非現実をもっと豊かに味わいたいって、みんな自分と周囲の人にたいしてお芝居をしてるの。

悪くいうと見栄をはってるわけだけど
えらそうに見せるためじゃなくて
自分の思い出のために、誰にも迷惑にならないように自分を飾る
誰の害にもならないようにする…そんなささやかな見栄。
こういうのはかわいらしいよね。と、ニコニコしちゃいます。

好きな人と出会って、ホントのことを告白してみたら
実は相手も同じような立場で。
彼らは今度はリアルな自分たちでつきあうことになるんでしょう。
たとえば結婚とかしたら
出会いの思い出話をしたとき、お互いに懐かしく、
自分の若さにクスクスと恥じらいをこめて笑いあったりするんじゃないかしらん。

これ
今でいったらネット恋愛みたいなものかもね?
ネット上のどっかのサイトでハンドルネームとアイコンで知り合って
意気投合したので、次からはリアルで会いましょうーとか。

もちろんちょっとギャンブルだけど
普通に出会ってつきあったって、ギャンブル性は変わらないものね。
やっぱり恋愛っていいよね。
自分を等身大であらわすのって大事よね。
って
思わせてくれるような

微笑ましい作品でしたね。
穏やかでクラシックなロマンス作品読んでみたいなーって方におススメしちゃいます♪

短編ですぐに読めちゃうので
暑いときでも大丈夫ですよ。
できれば避暑ができる涼しいところでどうぞです♡
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://honwagohan.blog19.fc2.com/tb.php/1591-bb73b46e
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。