しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ぶたぶたの本屋さん

今年の夏はぶたぶたさんの夏♪

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ブックス・カフェやまざきは、本が読めるカフェスペースが人気の、商店街の憩いのスポットだ。店主の山崎ぶたぶたは、コミュニティFMで毎週オススメの本を紹介している。その声に誘われて、今日も悩める男女が、運命の一冊を求めて店を訪れるのだがー。見た目はピンクのぬいぐるみ、中身は中年男性。おなじみのぶたぶたが活躍する、ハートウォーミングな物語。

著者は矢崎在美さん
出版社は光文社
光文社文庫、書き下ろしでございます♪

ぶたぶたさん作品は
『ぶたぶた』
『クリスマスのぶたぶた』
『キッチンぶたぶた』
を過去記事で紹介しています。
今年の夏はもう1冊くらいぶたぶたさん本、紹介したいな~^^



作品ごとにいろんなお仕事をしているぶたぶたさん。
今回は書店の店主さんです。いいねえ~♡ 

新刊も古本も扱っていて、カフェスペースもある新しいタイプの書店さん。
第一話に出てくる作家さんも言ってるけど、近所にあったら通っちゃいますわ。
だってさー
本とお茶とぶたぶたさんですよ?大好きなもの3点盛りですぜ♡

あ、そうだ。
念のためぶたぶたさんのことをザックリ書いておきましょうかね。
ぶたぶたさんはシリーズを通してのメインキャラというか主要モチーフというかテーマというか…
まあそんな感じの『生きているぶたのぬいぐるみ』です。
おじさんで、妻と娘がふたりいます(家族はみんな人間です)。
声がシブいです。渡辺謙の声がイメージじゃなかったかな?
キュートな見た目と落ち着いた声と中身のギャップで、
本の登場人物もワタシたち読者も悶えますwたまらんですw

シリーズは長編だったり連作短編だったりしますが
それぞれのストーリーで語り手となる主人公がいまして、
このぶたぶたさん(とご家族)に初めて会って驚くところからストーリーが始まります。
カテゴリとしてはファンタジーでいいのかもですが
本の中の舞台は現実ですので、そりゃそうだって感じですね。

ぶたぶたさんは多芸な方なので、そのときどきでいろんなお仕事をしています。
家事(主に料理)が上手なのはいろんな作品で分かっているので
現実にいたら誘拐してでも連れて帰って美味しいものを作っていただきたいです。
ちなみにワタシは「ぶたぶたさん座敷わらし説」を提唱しております。
あんなかたが家にいたら!いや、近所にいるだけでも
幸せになってしまうに違いないww

なんだかだんだん妄想が暴走を始めましたので
このあたりで現実に立ち返り。
ぶたぶたさんモデルのぬいぐるみが、なんとただいま久ーしぶりに販売していますというアナウンスを閑話休題として。

モン・スイユのショコラというぬいぐるみがぶたぶたさんのモデルです。
ニューバージョンなので生地が違いますが、実物を見たり欲しくなった方のために
写真とリンクを♪
kumashop90_mon0018_3.jpg
(いままで何度か再販され、そのたびマイナーチェンジをしているようなのですが、
今回のバージョン、けっこう光る生地です…★)
モン・スイユさんの紹介サイトにはこちらから行けます。

うあー★
なかなか内容に入れない。
短いときは1記事これくらいで終わっちゃってるよね。
前フリで1記事にしちゃいたい気持ちもありますが
ここはグッとこらえて内容まで行きますわよ~w

この本は連作短編で、本屋さんのお客さん話が4編入っています。
ぶたぶたさんは、書店の店主さんでもありますが
今回、お店の隣にあるミニFM局の番組にもレギュラー出演しています。
本の紹介をして、一部朗読もするんだとか。
実際にある小説の紹介も、作中で3作されていまして
(最初の1編は語り手が小説家さんなので、その方の架空の作品になっています…はずです)
ぶたぶたさんの朗読で、一部中身がわかるのもウレシイです。

この作中で紹介される本とかラジオ番組のエピソードがいいんですよー。
読んでない本が紹介されると
むむっ!面白そうではないか、今度読もう!と検索をかけます。
ラジオでご紹介のときに、ぶたぶたさんは「ご購入はぜひブックス・カフェやまざきで」とおっしゃっておりますが
リアル店舗があったら行くよ!そして買うともさ!たとえ必死で減らし始めているうちの本がさらに増えようとも!
と、妄想しながら唇を噛んでしまうのですw

てか、その朗読聞きたい!ぜひに!
リアルぶたぶたさんがいたらいいのにー!

またもや取り乱しますw 
(…現実生活と趣味や行動の範囲が近い小説はキケンですね。何度取り乱すんだ、自分w)

かように本読みには危険な本ですが
暑い時期でもさらっと読めます。
個人的には第4話がイチバン好きかな。
過去のいじめがからむ話ですが
なんていうか、いろいろ拍子抜けとか肩すかしをくらってしまい
深刻なはずなのになんか毒気が抜けちゃってます。
リアル中二病をぶたぶたさん相手に発令した朗くんのまぜっかえしぶりがもう絶妙でねえ!
かわいくてかわいくて、天然最強w
めちゃめちゃ笑いました。自宅で読んでてよかった。外だったらマジ危険でしたf^^;

ぶたぶたさんのシリーズは順不同。どれから読んでもおっけーです。
最初だけはシリーズ1作目の「ぶたぶた」がいいかも?と思いますが
これも個人的趣味です。ホントどれからでも大丈夫。
みんな主人公といっしょに『ええっ!?」と取り乱すところから始まるからw

なので、この本の紹介を見て気になった方は
ここから初めて大丈夫。
新刊なので、今なら書店の店頭で表紙が見られるかも?
よろしければぜひどうぞですー♡ 


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://honwagohan.blog19.fc2.com/tb.php/1601-43f40fdd
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。