しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

富士山にのぼる

写真絵本ですが、内容的にはもうこれエッセイでいいんじゃないかな?と思ったので
そのようにカテゴライズしました^^


内容(「BOOK」データベースより)
10代の頃から世界を旅し、エベレストをはじめとする7大陸の最高峰すべてに登頂をはたした石川直樹が子どもたちへおくる、はじめての写真絵本。

出版社は教育画劇です。



富士山はねー
世界遺産にもなりましたし、そうでなくても日本を代表する山なのでね
写真集って、いっぱい出てるんですよ。そりゃーもう。
あと、絵ハガキもてんこ盛りありまして
ワタシでさえ何枚か持ってます。
そうそう、富士山の見えるところに住んでいらして
定点観察のように撮影している方もいらっしゃるのよね、しかも少なからず。

どっかでもう書いたかもですが、ワタシ富士山好きなんで、
出版されてる本もけっこう読んでいますが
これが意外と「ほどよい」本って少ない気がします。
みなさん、富士山に思い入れが強いせいか
なんかこうね、「これでもか」と
過剰な雰囲気が漂ってる本が多いのですよ…。

この絵本は、それにくらべるとゆとりがあるというか
いろんなアングルがありつつも、どこか引いた視点があって
一点集中!になってないのがよいです。

難をいえば、冬の富士山は、相当に登山慣れしていないと危険なはずなのに
いとも軽やかに書いていらっしゃることかなー。
危ないんですよー、お天気かなり気をつけないと事故が起きたりしますからねー★
それと、これはまあ、気にする人は少ないかもですが
冬のリアルタイムの語り口調なのに、四季折々の写真がランダムに掲載されていたりと
写真と文章のギャップに、ビミョウな違和感感じるかも?です。
(ごはんの場面を凝視した、いやしんぼな重箱隅ツツキはワタシです。ううう…★)

ステキなのはなんたって雲を見下ろす写真たち。
富士山は5合目までときどきドライブで登るんです。
晴れてるよりも雲が少しあるくらいのお天気が好きなのは
この、雲海を見下ろす景色が本当に素晴らしいからなんですよー♪

富士山は不思議な御山で
晴れていても富士山だけが雲で覆われていたり
逆に雲が低く垂れこめていても、富士山だけはピッカリ見えていたりします。
そんな多面性も魅力のひとつで
この絵本の写真は上手にそういうポイントをとりあげてらっしゃいますね。

富士山、いきたーい!となってしまう絵本ですので
もしも登りたい!となったときには
ツアー、もしくは5合目までのドライブでどうぞです。
安全第一。でも富士山はやっぱり日本一の山なので
写真でまずはご堪能あれ、です♡ 



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://honwagohan.blog19.fc2.com/tb.php/1624-7066893b
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。