しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

とんがとぴんがのプレゼント

こちらはわりとスタンダード(?)なクリスマス作品です。


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ハリネズミのとんがとぴんが、ニコラスおじいさんがはいた靴下に穴があいていると、気づきました。2匹はどんなクリスマスプレゼントをおじいさんにあげたのでしょう。

文:西内ミナミ
絵:スズキコージ
出版社:福音館書店
初版:2008年10月25日

スズキコージ作品は、サイドバーのカテゴリから一覧をご覧いただけます。



この絵本も大人絵本会で教えてもらったんですよね。西内ミナミさんの著作の回だったと思います。
お世話になっておりますm(_ _)m

◆クリスマスですからね♪◆
はい、ニコラスおじいさんは、クリスマスに大活躍するあの方です。
絵によっていろんな体型の方がいらっしゃいますが、たっぷりした方が多いようにお見受けします。
でも、スズキコージさんバージョンはグッとスリム。
エネルギッシュに世界中を飛び回る、バイタリティあふれるタイプですね。

ハリネズミのとんがとぴんがはいっしょに暮らしているそうですが
やっぱりエネルギッシュな夫婦のようです。
おじいさんにもクリスマスプレゼントをあげよう!と思いたったら即日出かけております。
しかも、おじいさんにあてたお手紙の留守にする期間の長さ、ハンパないです★
本気だ…この夫婦は…

◆究極の手づくりクリスマスプレゼント◆
ほしいクリスマスプレゼントは決まってる。さて、どうするか?
彼らは稼ぎにいくのです。
「わたしたちも はたらかせてください。 わたしたちが ほしいのは ○○ができるだけの△△」
ってね。

このセリフのくり返しがいいんですよね。リズムも心地いいので
読み聞かせをしたときに、聞くほうも語るほうもくり返しでどんどんテンションが上がっていきそうです。

原料→材料→加工その1→加工その2…と、
時間をかけて手間をかけて作られていくプレゼント。
ふたりの働きっぷりも愛らしく元気いっぱいですし
少しずつできていく過程も楽しいのです。

◆で、わたしはこの絵本の何が好きかというと◆
手づくりは時間がかかるものと相場が決まっております。
しかも材料じゃなく、その前の原料から手に入れるのですから
さらに時間が必要です。
ですがふたりは焦らずじっくり確実にプレゼント製作をすすめるのです。
迷いなく明るく、うまくいかないことがあっても挫けない、
この着実感と誠実さはねー
読んでるだけでじんわり力が湧いてきますよ。うん。

そこにもってきてスズキコージさんの絵がもう!
いい感じにパンキッシュで
さらにいうと赤が!たまらんですよ、ホントに。
朱赤の濃い色合いで、少し混ざった黄色はおひさまの色でしょ?っていいたくなっちゃう。
質感もふっかふかなのがよーくわかります。

例によってコラージュが混ざっていてガチャガチャしているのですが
スズキコージ作品は、こうじゃなくっちゃね!
レイン・スミスにも通じるこの騒がしさとイカレた感じは
ニガテな方もいらっしゃるかもしれませんが
大丈夫ならハマる確率、高いと思われ。

ひと目でわかる特徴ある絵ですが
多作な絵本作家さんでもありますから
似たタイプの表紙の絵、他にも確かあったように記憶しています。
ということで、スズキコージ展、って感じで絵本がばーっと並んでいたら
ん?どれがこの絵本?ってなっちゃう可能性は否めないのですが
それにしても、探して読む価値は絶対にありますよん♪

パワフルさのおすそわけをいただきたいわー
と思われる未読の方は
ぜひぜひご一読をどうぞ!
今年のクリスマスに間に合わなくても
読んだら来年のクリスマスが楽しみになること、間違いナシです♡



関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://honwagohan.blog19.fc2.com/tb.php/1702-4a4d4371
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。