しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

消防車とハイパーレスキュー 乗り物ひみつレポ



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
乗り物ひみつルポ隊の隊長モリナガ・ヨウと、助手のロボが出動します!東京消防庁のハイパーレスキューにおじゃまして、消防車のひみつを調べ、人の命をたすける仕事にせまります。

著者:モリナガ・ヨウ
出版社:あかね書房

シリーズの『新幹線と車両基地』の紹介はこちらからご覧いただけます。



昨日は鉄なヒト向けでしたが、今日は車好きな方向けですね。
消防のなかでもハイパーレスキューったら、エリートの方たちが活躍するところですよ!?
(コミック「め組の大吾」読んでるから知ってるんだーw)
消防車もいろんな種類があって、それをまた分解するように紹介してくださっております。
ああ、めくるめくマニアックな世界…w

ホントにね、消防車にこんなにいろんな種類があるなんて
あんまりマジメに考えたことなかったです。
や、はしご車とかポンプ車とかがあるのは知ってましたよ?
でも
それがこんなに細分化かつハイパー化されているなんて
好きじゃないとねー、そんなにツッコミませんよねー。

なので、もしかするとワタシみたいなニンゲンには「猫になんとやら」かもしれないなーってくらいの
詳しい内容になっておりますw

前の記事に書くの忘れてましたけど
1作ごとにどうやら1つ、観音開きで両側にさらにページが開くようになっていまして
これがまた、見応えアリです。
この巻では消防署の訓練施設が見開き2面分でドバーンと登場!
クルマだけじゃなく施設の様子まで見られちゃうなんて、かなり贅沢ですよねー♪

とにかく情報ミチミチで例によって面白いんですが
限られた誌面に入るだけいっぱい描きこんだモリナガさんは
あとがきで「隊員の方の描写が少なくなってしまったことも残念」と書いていらっしゃいます。
車がメインの本ではありますが
お仕事をしてらっしゃる人たちの様子も興味深かったんでしょうね。
印象深い出来事についても書いていらして
「そうかー…」と、読んでいるこちらもなんとなくしみじみとうなずいてしまいました。

取材に行って、はしご車のはしごに乗って上ったり
はしご車の仕組みを厚紙で自作して体験してみたりと
細かい技もいっぱいちりばめられています。
ご自身(と架空のアシスタントのロボくん)が驚いた様子などもさりげなく入っているので
取材のときの気持ちもなんとなく伝わってくるので
共感しながら読めますよ。

車が好きな子が大きくなって
やっぱりまだ好きなんだけど、おとなの本や雑誌にはちょっとまだ早いよねー
っていうときにこんな本がさしだされたら…
きっと狂喜乱舞しちゃうんじゃないかしらー?
って作品でした。

明日はいよいよシリーズの最後の本。
読むのも書くのも楽しみでーす\(^o^)/

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://honwagohan.blog19.fc2.com/tb.php/1724-01ecd03c
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。