しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

モンテ・クリスト伯1

大作、いきます!


商品説明
今も昔も復讐鬼の物語が人々の心を惹きつけてやまないのは、それが幸福と安寧に背を向けた人間の究極の姿だからであろう。世界の文学史上最も有名な復讐鬼、モンテ・クリスト伯。19世紀フランスの文豪、デュマが創造したこの人物もまた、目的を果たすごとに、底なしの泥沼へと一歩足を踏み入れていく。
本名、エドモン・ダンテス。マルセイユの前途有望な船乗りだった彼は、知人たちの陰謀から無実の罪で捕えられ、14年間の牢獄生活を送る。脱獄を果たし、莫大な財宝を手に入れたダンテスは、モンテ・クリスト伯と名乗ってパリの社交界に登場し、壮大な復讐劇を開始する…。
文庫本で7冊の大著である。物語に多少「できすぎ」の感もあるが、そんな懸念をすぐに吹き飛ばしてくれるほど波状に富んだ展開で、息をつく暇もなく読み通してしまう。フランス文学の大著といっても、机に向かって姿勢を正して読む、というよりは寝そべりながら読むうちについ夜更かししてしまう、というタイプの作品である。
何と言ってもこの小説の白眉は、伯爵の用意周到かつ執拗な復讐の過程である。着々と目的を遂行していく姿が、心理描写をいっさい排した文体で描かれ、後年のハードボイルド文学をも連想させる。
復讐の物語にハッピーエンドはあり得ない。もしあるとすれば、主人公がどこかで「妥協」を見出す必要があろう。モンテ・クリスト伯が最後にどんな選択をするのかも、読みどころのひとつである。(三木秀則)

内容紹介
200年近い長い間、世界各国で圧倒的な人気をあつめてきた『巌窟王』の完訳。無実の罪によって投獄された若者ダンテスは、14年間の忍耐と努力ののち脱出に成功、モンテ・クリスト島の宝を手に入れて報恩と復讐の計画を着々進めてゆく。この波瀾に富んだ物語は世界大衆文学史上に不朽の名をとどめている。1841―45年刊。(改版)

著者:アレクサンドル・デュマ
出版社:岩波書店(岩波文庫 赤版)
初版:改版 (1956/2/5)…マジですか!

えっとですねー
個人的には<内容紹介>にあります邦題『岩窟王』に、たいへん恨みがございます★
どうなのよ、その固いタイトル。
このタイトルのおかげで読まないままに子ども時代を過ごしましたよ。
だって、面白くなさそうだったんだもん…。

でね、大人になってからちゃんとしたタイトルを知ってね?
読んでみたですよ。
面白いじゃないかあああ!!!

いやまあ、子どものときに読むとしたら抄訳だったろうから
どれくらい楽しめたかはわかんないけどね。
でも
食わず嫌いで触れなかったのが残念な気持ちはいまだにありますねー。

蛇足ついでに書きますと
故・和田慎二さんの作品でこういうのがありましてね。

これ、元ネタはどう考えても『モンテ・クリスト伯』です。
コレが面白かったら、モンテ・クリスト伯だって面白く読めたはずなんだよ!
いいコミカライズ作品ですので、ご存知ない方、チャンスがありましたときには読み逃しなくー♪ 



とかなんとか言っていて、全然本題に入れてませんねすみません★

えーっと、「商品説明」のほうにあらすじと読みどころが両方書いているわけですが
この1巻では主人公のエドモン・ダンテスが無実の罪に落とされ、牢内で過ごしております。
ファリア司祭という、同じ囚人と知り合い、お互いの室をこっそりと行き来し、教育を受け、
父と息子のような結びつきになるところで終了です。

後のモンテ・クリスト伯のエドモンさん、若いです!
若くてハンサムで仕事もできて。
ステキです。でもちょっと能天気かもw
婚約者のメルセデスにも共通しているのですが、
恵まれて満足している人独特の鈍感さを感じたりします。
自分たちが善良だから、そうじゃない人たちの思惑に思い至らず
つけこまれちゃった部分は…あるな、うん。

彼らの順風満帆さが面白くない人たちがエドモンを陥れようとたくらみ
第一の罠が成功した結果、さらに別の人たちの利害関係が絡んで
事態がさらに複雑に★
横恋慕と仕事のやっかみがもとで共謀されたあと
それを調べるべき役職の男性が当時の政治状況と、自分の保身が必要になって
事実を暴くどころか隠ぺいしちゃったもんですから、
エドモンさん、何が起きているのかわからないままに牢で打ち捨てられることになってしまいます。

なんだってこんなに不幸が雪だるま式に…と思うくらいのドラマティックさですが
大仰でありつつも嘘臭くないあたりが素晴らしいのですよね。

牢内で知り合うファリア司祭は、まさに賢者。オールド・ワイズマンという趣のシブさでございます。
牢内での独学はできすぎの感がありますが、
時間があって怠けないでいられると、人間ってもしかしてこれくらいはやってしまうのでしょうか?
などと思わせてしまうあたりがデュマ・マジックですな。
デュマはねー、とにかくドラマっぽくて、え?マジ?って感じの大仰なことをフツーに書いています。
なんでこんなに偶然の一致的なことが!?みたいなエピソードけっこう出てくるんですけど
世間が狭くてシンクロ率が高い時代だったのか、それともこの手の盛り上がりが喜ばれる時代だったのか?
わかんないけど、面白いからヨシ!ですなw

エドモンとファリア司祭が関わったのは、いわば偶然ですが
この交わりによって、エドモンは奥深さと教養を身につけます。
外界で幸せに過ごしていたときって、教育に関してはそれほど重きをおいてなかったんでしょう。
まあ、船乗りさんですからね。海に関しての知識や航海術がまず重要で、他は二の次でも問題なしですもんね。
その欠けていた深みの部分をファリア司祭によって埋めていくわけで
ここで教育されたことが、その後にもずっと影響を与えるという、まさに『師』の教えてですわねぇ♡

一方のファリア司祭がなにをエドモンから得たかというと
これはもう信頼と情愛ですね。
教育のある方ですが、それだけに人の醜い面もよくご存知ですし
裏の面があることを知っているから、エドモンに対して過度の期待をせずにおこう、という
何かあっても傷つかないように、という保身的な心情があったことでしょう。
だからこそ、「エドモンは自分に対して本当に誠実なのだ」と信じられたのはさぞ幸せだったでしょうねー。

(こういうドラマティックで感動させる規模の大きな物語が好きなのは
占星術でいうところの獅子座的要素?それとも射手座的要素?
わたしのホロスコープでは両方の星座に星が入っています。
どちらかが刺激されているんだろうなと勝手に解釈。
だれかデュマのホロスコープ解説とかしてたら面白いのにな。そのうち探してみるかもしれません。
閑話休題)

オープニング的な巻なので、じっくりと読みかえすことは少なめなんですが
あらためて読むと、「なにかあるぞ」感がドキドキをかきたててくれました。
この後の巻に期待をつなぎつつ、まずは一区切りとさせていただきます。
1巻1記事ですすめていきます。どうぞよろしくです^^




関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://honwagohan.blog19.fc2.com/tb.php/1751-84cb938e
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。