しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

モンテ・クリスト伯6

やっとここまで来ました(喜)!


Amazonより商品説明
今も昔も復讐鬼の物語が人々の心を惹きつけてやまないのは、それが幸福と安寧に背を向けた人間の究極の姿だからであろう。世界の文学史上最も有名な復讐鬼、モンテ・クリスト伯。19世紀フランスの文豪、デュマが創造したこの人物もまた、目的を果たすごとに、底なしの泥沼へと一歩足を踏み入れていく。
本名、エドモン・ダンテス。マルセイユの前途有望な船乗りだった彼は、知人たちの陰謀から無実の罪で捕えられ、14年間の牢獄生活を送る。脱獄を果たし、莫大な財宝を手に入れたダンテスは、モンテ・クリスト伯と名乗ってパリの社交界に登場し、壮大な復讐劇を開始する…。
文庫本で7冊の大著である。物語に多少「できすぎ」の感もあるが、そんな懸念をすぐに吹き飛ばしてくれるほど波状に富んだ展開で、息をつく暇もなく読み通してしまう。フランス文学の大著といっても、机に向かって姿勢を正して読む、というよりは寝そべりながら読むうちについ夜更かししてしまう、というタイプの作品である。
何と言ってもこの小説の白眉は、伯爵の用意周到かつ執拗な復讐の過程である。着々と目的を遂行していく姿が、心理描写をいっさい排した文体で描かれ、後年のハード・ボイルド文学をも連想させる。
復讐の物語にハッピー・エンドはあり得ない。もしあるとすれば、主人公がどこかで「妥協」を見出す必要があろう。モンテ・クリスト伯が最後にどんな選択をするのかも、読みどころのひとつである。(三木秀則)

著者:アレクサンドル・デュマ
出版社:岩波書店(岩波文庫 赤版)
これまでの巻の紹介は下記の巻数と記事をリンクさせました。
1巻」 「2巻」 「3巻」 「4巻」 「5巻



前にも書きましたが、この6巻は
『モンテ・クリスト伯』のなかでも1番好きな巻です。
復讐絶好調!みたいに大盛り上がりしますので、物語全体のクライマックスといっても過言ではありません。
大きな風呂敷バーンと開いちゃいました!って感じですねぇ。この大風呂敷、めっちゃめちゃカッコイイですよ!

まずは悪党二人の悪だくみから物語がスタート。
悪だくみの直後に裏切りが入って、どんだけ下種なんだよ…★ですが
ここからそろそろ本名が出はじめます。そう、モンテ・クリスト伯が「エドモン・ダンテス」を名乗り始めるのですね。
最初は囁き、そして名を呼ばれ、そのうち自ら名乗るようになるこの流れがすなわち復讐の盛り上がりかたでして
いきなり大音声じゃないところがニクイです。

モンテ・クリスト伯の復讐だけではなく、エデの復讐もなされるのがこの巻の前半。
彼女は自ら糾弾をするのですが、これまでの物憂げな雰囲気をかなぐり捨てております。
本来はたおやかなタイプですから、この場面に関しては『窮鼠猫を噛む」といったところかもしれませんが
それにしてもかっこいいわぁ。ヒロインですが、ちょっとヒーローぽいです。
で、モルセール伯爵はフェルナン時代の旧悪を暴かれ一端退場。
パパの汚名をそそぐのだ!と息子のアルベールくんがいきりたつわけですが…
読者としては事情を知っているわけで、このから回りっぷりをどう受け止めたものか、となかなか微妙な表情に。

そして真打のママ・メルセデス登場ですよ!
このメルセデスvsエドモンの場面に関しては、正直言って男性と女性で反応が分かれるかもしれませんね。
わたしは女性なので「いまさら何を…」がけっこうあったりもします。
(そもそもお前が原因だろ!それがなんで被害者面してんだよ!と)
対立といったらカッコイイんですけど、冷静に距離を置いて読むと<キレた>と<逆ギレ>の応酬&繰り返しっぽくもあります。
結局は過去に惚れた弱みということでモンテ・クリスト伯のエドモンくんが引くわけなんですけどね。
メルセデスが子どもかわいさで自説を押し通すくだりは正直、ビミョウだなー。
まあ、このぐらぐらした感じが当時の(そしてたぶん今でも)女らしさと評されるところの性質だと思うしかないのかな。本人にも自覚があるみたいですし。

けれど、この対決により『親の因果は子に報いない』ことになったわけでして
この要素、実はけっこう大事です。
特にヴィルフォールの子どもたちにね。ヴァランティーヌさんとエドゥワールどちらにも罪がない、という扱いですから。
あ、あとベネデットも息子やね。彼らはそれぞれ自分のしてきたことで道を選んだことになるわけです。

冷静に考えると普通のことと思われるかもしれませんが
情がからむとそんな冷静なこと言ってられるか!ですので
このあたりの書きこみ方は
入れ込んで読んでいる方であればあるほど、素晴らしく引っぱられると思いますよ~。

ちょっと方向ずれたかな?

メルセデスとの対立の後は時系列を少しずらしながら場面場面でスクリーンを切りかえるように
モンテ・クリスト伯サイドとモルセール家サイドの様子が展開されますが
この切り替え方がまた見事でして。
こういうのを堪能すると、イマドキの小説で「甘いんじゃね?」と感じる作品も出てきちゃったりするかも?です。

名作をたくさん読むというのはガツンと強い衝撃を受けるので
同じタイプの作りが甘い作品を受け付けなくなる、ということにもつながったりします。
覚悟が必要かもしれませんが
面白い物語を望むなら、やっぱり名作はおさえとかなくちゃだなー

こういう古典の再読をするたびに思いますね。

さてさて、そんなことを書いている裏側で
モルセール伯爵家の家族崩壊が進み、
モルセール伯爵・フェルナン・モンデゴvsモンテ・クリスト伯・エドモン・ダンテスの直接対決も終了。
フェルナンは過去の落とし前をつける羽目になりました。
彼の破滅はこの物語の中で一二を争う悲劇ですが
いっぽうではしっかりとカタをつけた、ともいえるわけで。
加担者のそれぞれが、自分の行いに対しての報いを受ける様子を見ている読者としてどうとらえるかは、
各々の感性なのかもなあ、とも。

ここまででまだ6巻の三分の二です。
いかに濃い巻なのか、お分かり頂けるでしょうか?^^

残り三分の一はというと
ヴァランティーヌさんが毒殺されそうになるのと
ダングラール父娘の対決→ベネデットの悪事露見&逃走→ダングラール娘・ユージェニーさんも逃げる→ベネデットと図らずも再会&ベネデット逮捕
という一連の流れがサラッとというかなんというか、まあ、語られております。

ところでこのユージェニー嬢、美人で才能があって独立心も強いんですけど
すごい魅力のない書かれかたをされてますねー。
要素としては共感できてもいいはずなのになぜかそうできない。
著者の思い入れというか愛情がないキャラクターって、この作品中では珍しいかも?
当時、自我のある女性というのはこうやって貶められていたのかなあ…。なんかビミョウだったりもします。

ともあれ、ベネデットが捕まったということは
彼のしたこと、そして彼の父であるヴィルフォール氏のしたことが明るみに出ることになりますので
最終巻7巻、初っ端のテンションも高くなりそうです。
すでに読了しておりますが
書くとなればさらに読み直し。
それもまた楽しみでございまーす♪


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://honwagohan.blog19.fc2.com/tb.php/1758-ef1642f5
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。