しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

星新一 一〇〇一話をつくった人 (そのいち)

ゼッタイ書いてる!つもりでいたのに、紹介していなかった本。
読みなおして、挫折したの思い出しましたよ…orz…

今、書店で購入できるのはこちらの文庫本ですね。
上下2巻。写真もちゃんと掲載されていてウレシス^^

星新一(上巻)

星新一(上巻)
著者:最相葉月
価格:679円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「ボッコちゃん」「マイ国家」など数多のショートショートを生み出し、今なお愛される星新一。森鴎外の血縁にあたり、大企業の御曹司として生まれた少年はいかなる人生を歩んだのか。星製薬社長となった空白の六年間と封印された負の遺産、昭和の借金王と呼ばれた父との関係、作家の片鱗をみせた青年時代、後の盟友たちとの出会い-知られざる小説家以前の姿を浮かび上がらせる。

星新一(下巻)

星新一(下巻)
著者:最相葉月
価格:720円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「セキストラ」でのデビュー後、ドライでウィットに富んだショートショートは多くの読者を獲得する。膨れ上がる人気の一方で、新しすぎる個性は文壇との間に確執を生んでいた。そして前人未到の作品数を生み出す中、星新一自身にも、マンネリ化への恐怖が襲いかかることに。本人と親交のあった関係者134人への取材と、膨大な遺品からたどる、明かされることのなかった小説家の生涯。

著者:最相葉月
出版社:新潮社

ちなみに、この文庫本はハードカバーとあわせて装丁を見ると楽しさひとしお。
こういうリンク的な技は大好き♪
…ん?クラフト・エヴィング商會の装丁でしたか、なるほどだー。


最相さんの作品は『ビヨンド・エジソン 12人の博士が見つめる未来』を過去記事で紹介しています。



…ううー★
書きにくいよー…


再読した後、キーボードに向かいながら唸っております。
なんというか、非常に重たい人生の方でした。。。
(そうだよ、この重さがしんどくて前にも挫折したんだよ…)

活字読みだったら
星新一の作品を一作も読んだことない人のほうが珍しいんじゃないかな?
と思います。
SFファンになるかどうかはともかく
SFファンになったとして、そのままSFを読み続けるかどうかはともかく
小学校高学年とか中学とか、そのあたりの文庫本を手に取るお年頃になったとき
星新一というのは、非常に手に取りやすく読みやすく楽しかったのではないかしらね、
と半分以上確信してモノ申す次第。
だって
わたしがそうでしたから。そして周囲の友だちもそうでしたから。

著者の最相さんもそんな感じで星作品を読んでいたようです。
中学時代の星新一を読んでいたころのくだりをあとがきから抜粋すると、
『とにかく、面白かった。(略)奇妙で、意表を突かれ、読後にはモノクロームのかけらだけが心にコトンと落ちる。そのかけらが何なのかはわからなかったけれど、またすぐに次の作品を読みたいという気持ちになった。(略)
ところが不思議なことに、図書室にあったシリーズを全部読み終えてしまうと、ぱたりと関心を失った。あれほど熱中したのに、まるで憑き物が落ちたように読まなくなり、星新一から離れていった。』
とあります。
これはすごくよくわかります。同世代が、そしておそらくはその後に続く多くの読者がこんなふうだったんじゃないでしょうか。

そして、大人になった最相さんがとあるきっかけで星新一を再読したところ
『文庫の棚で何気なく手に取ったのが星新一の『ボッコちゃん』だった。二十五年ぶりの再会である。ぱらぱらとページをめくって斜め読みしてみると、あれほど熱心に読んだのに内容をまったくおぼえていないことに気づいた。』そうです。
うん、これも同感です。
この本を再読するきっかけはTwitterでツイ友さんと星新一作品の話が出たことでしたから。
星新一作品はショートショートで数が多いので、忘れるの前提だけれども、読み直すとたいてい面白いので
このとき教えてもらったタイトルの作品も読みなおしました。そしてやっぱり面白かったんです。
(で、伝記もブログで書いたよねーと思ったら書いてなくて、うっそー!?となったのでしたw)

星新一作品は、大人になって読みなおすと
読みまくっていた頃には気づかなかった、かなりなビターさが奥深く味わい深いです。
気づかなかったというよりは、子どものパワフルさで味わうこともそこそこに次へ次へと読み飛ばしていたのでしょうね。
大人になってから星新一を初めて読んだとしたら、この苦さにドッキリしてハマったのかな、子どもと違う面白さで読めたよな、などとも感じます。

そして、著者に興味がうつると、伝記はないの?と探すわけで、そういう意味でこの本が出たのは善哉善哉なのでした。

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://honwagohan.blog19.fc2.com/tb.php/1765-22a724a3
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。