しろまち堂~こちらも本館ですがただいま休館中の旧館です~

旧ブログ名は『ワタシノスキナコドモノ本』、本の紹介や本に関するアレコレを語る、『しろまち堂』のメイン館でしたがただいま休館中のため、こちらは旧館でございます。『しろまち堂』は『本館・新館』のほか、『~音楽・映像館~』、『~写真・旅行館~』『~縁側~』もございます。煩雑ですがあわせてよろしくどうぞです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

和菓子のアン

ホントはYAにジャンル分けしたかったんですが、とりあえず小説のほうで。

和菓子のアン

和菓子のアン

価格:1,890円(税込、送料別)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
やりたいことがわからず、進路を決めないまま高校を卒業した梅本杏子は、「このままじゃニートだ!」と一念発起。デパ地下の和菓子屋で働きはじめた。プロフェッショナルだけど個性的な同僚と、歴史と遊び心に満ちた和菓子に囲まれ、お客さんの謎めいた言動に振り回される、忙しくも心温まる日々。あなたも、しぶ~い日本茶と一緒にいかがですか。

ジャンルはコージー・ミステリかな?日常のちょっとした謎がちりばめられている楽しい作品です。


この本、10代~20代くらいと30代以降だとけっこう読後感がちがうかもな~
っと思いました。
思春期バリバリ現役だと、主人公の杏子(アン)ちゃんはとっても身近で共感すると思います。
でも、大人も年季が入って若い子を「かわいいわね~」と見るようになると
ほんとおおお~にこの主人公はカワイイ!
キミのコンプレックスは不要だ!こんなにこんなにイイ子じゃないかぁ!と
アタマをぐりぐり、ほっぺぷにぷにしたくなります。
アンちゃんの周囲の大人の気持ちがよ~くわかる。てか、周囲の大人になりたいかもw


杏子ちゃんは、「きょうこちゃん」ですが、勤め先の和菓子屋さんで「あんこちゃんって呼んでいい?」と聞かれ
「せめて『こ』はとってください」とお願いします。
ぽっちゃりさんで自分の体形が気になってるんですね。
最初からそこはかなり強調されています。まー、10代じゃあね、そうだよね。

学歴もなく、手に職もなく、恋人もいない
と自嘲的に述べるアンちゃんですが
おばちゃん言っちゃうよ。
アナタ自分のよさを全然わかってな~い!

仕事で言うと舌がいい。
洋菓子を食べるシーンで、
焼き菓子につかわれているのがバターかそうじゃないか
(どころか彼女はバター香料まで区別できるらしい)
なんてわからない人いっぱいいるのよ。
和菓子屋さんでも、その店のお菓子のおいしさをしっかり評価して、それをお客さんに伝えられているでしょ。

そのうえ賢いししっかりしてるし愛嬌もある。
まぁ、その賢さが大学進学という方向を向かずに
「やりたいことも学びたいこともわからないのに
大学に行って親に高いお金を払わせるのは申し訳ない」
となったのはイマドキふうではないけれど。

彼女みたいなタイプって
学校ではあまり目立たないし評価されないかもしれない。
若くて同じ年頃の子たちばっかりいるような場所では
派手な子、目立つ子がやっぱりクローズアップされる。
わかりやすい部分、パッと目を引く部分
いわゆる刺激の強い・アクの強いことを『個性』っていわれるんだよね。

でも、ホントの個性って
そんなうすっぺらいものじゃない
ってのがわかる年頃になると
アンちゃんみたいなタイプは俄然人気者になる。
要するに社会に出てモテるタイプなんですよ。

この本では彼女はまだまだ自分のよさに気づいてなくて
外見的なことで凹むこともあるけど
そこをこえられるようになったらもっともっと自由になれるし
自分のよさを表現できるようになると思う。

できることって「あたりまえ」だと思ってるから
自分では評価できないんですよ。
でもそれが他の人から見ると「すごい」って言われることだって
たくさんあるの。

そういう意味でアンちゃんは
まだまだ自分のよさに気づいていない蕾のお年ごろ。
10代とか20代前半くらいまでは
きっとそんな人、たっくさんいると思うんだよね。


物語は春から1月までの一年足らずで
まだまだ彼女は自分のことを知らないし
この先どうするかもはっきりしていない。

ぜひぜひ著者の坂木さんには
彼女の続きの物語を書いてほしいです。
仕事での方向性もみつけてあげてほしいし
ステキな彼氏だって☆

そんなふうに思いいれて読みこんでしまうくらい
魅力的な主人公の本でした。
和菓子がやたらおいしそうなので
買いすぎ・食べすぎにはご注意しつつ
読んでみてください♪




関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://honwagohan.blog19.fc2.com/tb.php/621-e36683f8
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。